変形性頚椎症ってどんな病気?

「変形性頚椎症」と聞いても、この病気にかかったことがない方にはピンとこないかもしれませんね。
それでは、変形性頚椎症とは一体どんな病気なのでしょうか。
まず、頚椎ですが、頚椎は背骨のうち、首の部分を構成している骨のことを指します。
この頚椎は七つの椎骨(ついこつ)と呼ばれている骨から成り、上から第一頸椎、第二頸椎と呼ばれています。
椎骨と椎骨の間には中がゼリー状になっている椎間板と呼ばれているものが挟まっていますが、これが骨と骨とのクッションのような役割を果たしているのです。
この椎間板の弾力性が失われ、クッションの働きが弱くなってしまうと、椎骨同士が擦れあったり、椎間関節が磨り減ったりして、骨棘(こつきょく)と呼ばれている骨の突起物ができます。
骨棘は神経を刺激することもあり、そのために首の痛みや手のしびれといった症状が表れます。
これが変形性頸椎症です。
変形性頸椎症の初期症状は、肩コリのような症状が続きますが、骨棘が大きくなるに従って次第に神経を圧迫していくようになり、首や肩、背中の痛みやしびれが強くなっていきます。
原因は、主に加齢による椎間板の変性だと言われていますが、以前に激しいスポーツをしていたり、頚部を頻繁に動かすような作業をしたりしていた方にも症状が表れているようです。
初期の状態であれば、薬物や装具の装着、マッサージなどによる治療が行われますが、症状が下半身のしびれにまでに及ぶようになると、稀に手術となる場合もありますので、注意が必要です。

関連ページ

首の痛みはどんな病気の可能性がある?
首コリ・首の痛みは、放っておくと病気に繋がることがあります。大事な神経がたくさん通っている場所ですから、甘く見てはいけません。ここでは首コリ・首の痛みの改善方法や関連する病気について解説しています。
首のヘルニアってどんな病気?
首コリ・首の痛みは、放っておくと病気に繋がることがあります。大事な神経がたくさん通っている場所ですから、甘く見てはいけません。ここでは首コリ・首の痛みの改善方法や関連する病気について解説しています。