首の痛みはどんな病気の可能性がある?

首に痛みが出る病気の可能性として一番大きいのは、頸椎椎間板ヘルニアです。
この病気は40歳から50歳くらいの人に多く発病され、首の痛みの他にも背中の痛みや肩こり、手や腕の痛みやしびれなどの症状もあります。
ひどくなると、歩行困難になったり、排尿障害などの症状が出ることもあるのです。
頸椎椎間板ヘルニアの原因は、加齢による頸椎の変形が元となりますが、そこに運動負荷が加わると、さらに起こりやすくなってしまいます。
首の痛みはとても激しくて、朝のうちは痛みがそんなにひどくなくても、昼から夕方になるにつれ、首の痛みが強くなるという特徴があります。
他にも、首に痛みが出る病気としては、変形性頸椎症があげられます。
首や背中を構成する椎間板や椎骨は、20歳を過ぎてからゆっくりと老化していきます。
椎骨と椎骨の間にあるクッションの役目をしている椎間板は、加齢と共に水分が減っていって弾力性がなくなっていき、体の重みによって潰れていきます。
その潰れた椎間板が椎骨の間からはみ出ると、それをかばうために椎骨の端が伸びて、とげのような骨が作られ、それが神経に当たって首に痛みが起きます。
以上のような症状を変形性頸椎症と呼び、中高年に多い病気となっています。
誰にでも起こる可能性がある老化現象による病気なので、今までにない痛みや症状を感じたら、早めに病院に行くようにしてください。
初期症状は軽いので、そのうち治ると放置していると、どんどん症状が悪化していってしまいます。

関連ページ

首のヘルニアってどんな病気?
首コリ・首の痛みは、放っておくと病気に繋がることがあります。大事な神経がたくさん通っている場所ですから、甘く見てはいけません。ここでは首コリ・首の痛みの改善方法や関連する病気について解説しています。
変形性頚椎症ってどんな病気?
首コリ・首の痛みは、放っておくと病気に繋がることがあります。大事な神経がたくさん通っている場所ですから、甘く見てはいけません。ここでは首コリ・首の痛みの改善方法や関連する病気について解説しています。