頚椎の変形性関節症の対策・治療法って?

頸椎の変形性関節症の治療法の一つに、漢方で根本から治療するという選択肢があります。
頸椎の変形性関節症によるしびれと痛みは、体験者にしかわからないほどとても辛いものです。
そんな頸椎の変形性関節症に対応した現代医学の治療法が、本当に根本的な治療法なのかという疑問を持っている方も多いようです。
個人差もあると思いますが、漢方薬を服用することで、現代医学でも解決できない苦痛を根本から治療できたという方もいます。
頸椎の変形性関節症の原因は、頸椎の椎間板の変形や椎間関節の変形などのために、神経が圧迫されるからだと言われています。
漢方の考え方では、頸椎の椎間板や椎間関節が変形してしまう根本的な原因は、「体の内側」にあります。
具体的には、「おけつ」と呼ばれる病態です。
「おけつ」というのは、血行障害のことを言います。
つまり、血行障害による冷えなどが体に悪影響を与え、神経やその周囲の組織がしびれや痛みというサインを出します。
そして、それがひどくなると、頸椎の変形性関節症が起きるというのが、漢方の考え方なのです。
漢方薬での頸椎の変形性関節症の治療法は、冷えなどによる被害を受けた体を立て直し、神経やその周囲に発生した「おけつ」を取り除くことが中心になります。
血行障害や冷えを取り除く働きをする漢方薬を服用する事で、頸椎の変形性関節症を根本的な原因から治していく事が可能なのです。
最近では、漢方を扱っている病院も多いので、相談してみてはいかがでしょうか。

関連ページ

頚椎の変形性関節症の症状って?
首コリ・首の痛みは、放っておくと病気に繋がることがあります。大事な神経がたくさん通っている場所ですから、甘く見てはいけません。ここでは首コリ・首の痛みの改善方法や関連する病気について解説しています。