むち打ち症の対策・治療法って?

むち打ち症を引き起こした原因や症状は、人によって様々あると思いますが、一番の治療は絶対安静です。
軽度であれば、湿布を貼ったりするだけで効果があるかもしれません。
しかし、大抵の場合は、絶対安静を保つために頚部にカラーを巻いて、日常生活を過ごすよう指導されるでしょう。
カラーにプラスして、消炎鎮痛剤や湿布を使用していくと、症状が改善しやすくなるはずです。
カラーが取れるまでには、1ヶ月半くらいかかります。
レントゲン検査などで、症状を引き起こしている原因を突き止め、正しく治療を行っていたとしても、3〜6ヶ月くらいは治療が必要になるでしょう。
むち打ち症も重度の場合は、入院するケースもあります。
入院して、薬物治療や理化学療法を行って、治療していきます。
むち打ち症は、首だけではなく、腰や背中にまで痛みが出るのが特徴です。
事故直後のレントゲン検査で何も異常が発見されなかったり、痛みが全くなかったとしても、事故から数週間後に痛みなどが出てくる場合もあるので気をつけなければなりません。
痛みだけではなく、自律神経に障害が生じることもあるのです。
ある程度、痛みが緩和されてきたら、筋肉や関節を動かし、ストレッチやマッサージを行いましょう。
絶対安静だからといって、あまりにも動かさないのもよくありません。
むしろ、痛みの改善を遅らせることにもなります。
早い段階で体を動かしてあげることもむち打ち症の対策の一つです。
むち打ち症は、交通事故が原因で起こることが多いですから、交通安全を心掛けるのもむち打ち症の予防に繋がるかもしれませんね。

関連ページ

むち打ち症の症状って?
首コリ・首の痛みは、放っておくと病気に繋がることがあります。大事な神経がたくさん通っている場所ですから、甘く見てはいけません。ここでは首コリ・首の痛みの改善方法や関連する病気について解説しています。