頚椎椎間板ヘルニアの症状って?

頸椎椎間板ヘルニアの症状は、まずは首の痛みや肩こりから始まって、一部の人には上肢の神経根症状があり、さらに、胴や手、腕の脊髄症状が加わってくることもあります。
初めの局所症状のうちは、ただの寝違えの診断で済まされる事も多いようですが、痛みがひどくなったり、治らないようなら、再度病院に行った方がよいでしょう。
頸椎椎間板ヘルニアかどうかの診断法としては、色々な姿勢をとってみて、痛みが強くならないか確かめるという方法もありますが、素人に判断するのは難しいと思います。
頸椎椎間板ヘルニアは、発症する位置の高さによって、手足に出てくる腫れや痛みの場所、触覚や痛覚などの知覚障害が起こる場所に違いが見られます。
一般的には、ヘルニアが発症した椎間板の高さに連動して、首から肩、腕へと症状が起こる場所が変化していきます。
例をあげてみると、右手の薬指や小指に知覚障害が現れていれば、第7頸椎と第1頸椎の間の頸椎椎間板ヘルニアだと診断されるはずです。
頸椎椎間板ヘルニアをレントゲンで診断する事は難しいですが、CTやMRI、脊髄造影などを行えば、椎間板の状態を詳しく見る事が出来ます。
頸椎椎間板ヘルニアの詳しい症状としては、神経根症状では首から肩、肩から腕、腕から指へのしびれや痛み、咳やくしゃみをしたり、首を後ろに反らすと肩甲骨や手、指に電気のような痛みが走る、肩や肘、手や指の筋力が低下して思うように動かせないなどがあります。
他に、肩や首や背中が重く感じる、頭痛や耳鳴り、目がチカチカする、上下肢のしびれ感や痛み、灼熱感や冷感、筋力低下、足が突っ張って歩きにくい、筋肉痛のような違和感などがあれば、頸椎椎間板ヘルニアを疑ってみた方がいいでしょう。

関連ページ

頚椎椎間板ヘルニアの対策・治療法って?
首コリ・首の痛みは、放っておくと病気に繋がることがあります。大事な神経がたくさん通っている場所ですから、甘く見てはいけません。ここでは首コリ・首の痛みの改善方法や関連する病気について解説しています。